こころはずむぶろぐ

インテリア、手作り、育児など好きなコトを3●歳ママの目線で綴ります。

グアム旅行記 娘1歳0ヶ月 その①

少し前のことになりますが。

7月末に3泊4日でグアムへ行って来ました。

 

f:id:beachinthewoods:20141117135801p:plain

{何から何まで隠してすみません^^;}

 

娘ちょうど1歳になったばかり。

今回も(主人側の)両親、いとこ君家族と一緒でした。

じぃじ&ばぁば、連れて行ってくれてありがとうございます!

 

はじめてのベビ連れ海外旅行だったので、

あれこれ記録ついでに記しておこうと思います。

 

旅行の申し込みは4月くらいにしました。

今回は飛行機とホテルがセットになったフリープランのツアーです。

 

パスポートは、旅行の申し込みをしてすぐ

近くの写真屋さんで証明写真を撮ってもらいました。

娘を横から支えながら椅子に座らせて

上手にあやしながらあっという間に撮影完了。

子供のパスポートは5年の期限。

赤ちゃんの顔って、この5年で劇的に変わると思うんだけど^^;

でも、いっちょまえのパスポートの表紙を開けて写真を見ると

ホケーっとした娘の顔。ちょっと癒される(笑)

可愛いらしいのでこれを5年使えるのはそれはそれでよしとしましょう。

 

娘はまだ1人では歩けず、手を放して3歩くらいヨチヨチする時期でした。

ベビーカーは、下記で迷いました。

 

1. 現地レンタル

2. いつも使っているものを持っていく

3. ベビーカーなし。エルゴのみ。(これは、娘と私が密着するので、暑くないか、熱中症になったりしないかが不安でした)

 

現地レンタルがいいかなと思いましたが、利用したツアー会社で

準備できるのはB型のベビーカーのみとのこと。

昼寝した時のことも考えて、結局使い慣れたベビーカー(A型)を

持って行くことに。

 

飛行機は子供が泣いたり騒いだりすることを考えて、日中飛ぶ便にしました。

確かユナイテッド航空の午前11時ごろ関空発の便でした。

それでも家(大阪市内)を7時くらいには出発。

今回は空港まで車で行きました。荷物もあるし、楽々~♪

 

ベビーカーは私たちの乗る便に、他にも2組ほど預けていました。

行き帰り共に、機内持ち込みで搭乗口でスタッフの方に

預けるパターンでした。

汚れたり壊れる心配も少ないし、とても楽でした。

 

狭い機内ですが、じぃじ&ばぁば、いとこ君たち、

私と主人のひざの上やすき間を行ったりきたり。

窓の外を覗いたり赤ちゃんせんべいを食べたり。

たまに抱っこして通路をお散歩。

娘、3~4時間よく耐えてくれました。

あ、機内トイレにはオムツ換えシートがちゃんとありました。子を持つまではそんなところに目が行っていなかったので知りませんでした。

 

f:id:beachinthewoods:20141117142818p:plain

写真は半そで1枚ですが、機内はエアコンが効いているので

このあと長袖のシャツを羽織りました。

夏でも長袖1枚は必須です。

 

退屈させまいと、新しいおもちゃを事前に用意して2つ持っていきました。

飛行機の中なので音のならないものをチョイス。

 

ひとつはこれ ↓↓

私の財布に興味をもちすぎなので、こんなお財布を。

見た瞬間、かなり鼻息荒く興奮していました。大成功。

私、わざわざ「このお財布いたずらしないでね~あかんよ~」

と演技する → いたずら心むくむくむく。お財布荒らしたい~!

と言わんばかりに奪って喰いつく娘(笑)

 

もうひとつは、絵が飛び出す小さい絵本です。

手のひらサイズなので手荷物のバッグにいれても嵩張らず◎

ビリビリに破かれましたがかなりの時間遊んでくれました。

 

離着陸時に、赤ちゃんが耳抜きがうまく出来ず耳が痛くなって

しまうことがある、と聞いていたので

離陸時に麦茶を飲ませたり、授乳をしました。

旅行準備に買ったこれが授乳ケープとしても役に立ちました。

これ、エルゴやベビーカーに取り付ける夏用ケープです。

授乳ケープにも(無理やり)使えちゃう優れもの。(なんら問題なし!)

夏用のケープて何!?と思うかもしれません。

私も最初思っていました。布かぶせたら余計暑いんじゃないの?と。

しかし、なんと特別な生地を使用しているらしく

体感温度が3℃下がり、さらにUVが95%以上カットされるという優れもの。

今回の旅行のお役立ちNo.1のグッズでした。(帰国後も使っています)

ほらね ↓

 

f:id:beachinthewoods:20141117135036p:plain

 アメリカン~なハンバーガー(完食!)はPROAというお店です。

このケープがあればお店の中で、エルゴに入れたまま授乳も

楽勝でした。(授乳室なかったので^^;)←その際、洋服は前ボタンのシャツなどがおすすめです。下着はクロスオープンの授乳ブラやタンクトップだと楽ですよ。

 

結局、持って行ったA型ベビーカーはほぼ使用しませんでした・・・。

というのも、折りたたんでも大きいA型のベビーカーを

人の多いバスで使うのはかなり無理がある&

ホテルが中心部とはちょっと距離があるため

バスをメインで使い、ベビーカーでの移動が無かったためです。

グアムは日本の夏同様、蒸し暑かったですが、曇りがちな天気だったので

基本エルゴで問題なかったです。

 

娘のご飯は、当時まだ離乳食完了期だったので、

市販のベビーフードを12食分持っていきました。

これです↓↓ 和光堂のはスプーンつきで便利~!

 

和風も

洋風も

リゾットまで

 

いろいろな種類があります。

「朝昼晩ベビーフードでごめん!!」と思いましたが

現地調達する手間もないし、日本のものだと

とりあえず安心ということで。

実際、手作り離乳食よりこっちのほうが

ガッツキ度が高いというのは、”離乳食あるある”ですよね。

 

持ち物のことをだらだらと書きましたが

その② では、ホテルやレストラン、日中の過ごし方などについて

もう少し書きたいと思いますのでもう少しお付き合いください!

 

↓地球の歩き方、持って行きました。