読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころはずむぶろぐ

インテリア、手作り、育児など好きなコトを3●歳ママの目線で綴ります。

離乳食やおんぶ紐やソフィアのこと

次女、もう7ヶ月半。早い!!!

ハイハイ、お座りを完全にマスターし、つかまり立ちもしようとするので必死で止めています。そんなに成長急がなくてもいいよ。もっとゆっくり赤ちゃんでいてください。

離乳食はゆっくりと6ヶ月過ぎてからスタートしました。食欲旺盛です。長女は全然食べてくれなかったので子供によってもいろいろなんだなぁと実感。しかも、長女の時は始めての離乳食作り。ストウブの鍋をフル活用して、おかゆを炊いたり野菜を蒸したりしていました。それで食べないもんだから、「何が悪んだろう~」と、どっと疲れていたのを思い出すなぁ。

今はストウブでの離乳食作り、めったにしません(笑)

炊飯器に皮をむいて水でぬらしたにんじん、かぼちゃ、ジャガイモなどの野菜をアルミホイルで包んでご飯と一緒に炊いています。

f:id:beachinthewoods:20160911223725j:plain

これだけでほくほくに柔らか~くなるので、フォークで潰して、小分け冷凍しているお出汁や牛乳で伸ばしています。もうちょっと月齢がすすんだら、これを潰さずに小さな角切りにすれば歯茎でモグモグできます。

f:id:beachinthewoods:20160911223723j:plain

f:id:beachinthewoods:20160912153658j:plain

 

首すわり(3ヶ月ごろ)~腰すわり(6ヶ月ごろ)までの間、まだエルゴでのおんぶが出来ないので、昔ながらのおんぶ紐が大活躍でした。

f:id:beachinthewoods:20160912151726j:plain

 リビングに転がしておくと、暴れる長女に踏まれたら怖い&長女のおもちゃを口に入れようとするので放って置けないので、抱っこかおんぶが必須でした。ベビーベッドは小さなサイズを選んだので、中に入れておくと窮屈そうでしたし。

昔ながらのおんぶ紐は、前がバッテンになっていて胸元が変に強調されるので、運送屋さんやお客さんが来てもそのまま出ることはできず、それだけが不便だな~と思っていたのですが、母に「それならエプロンつければいいんよ~」と教えて貰いました。

あぁ、そうか!

首かけのエプロンだと胸元も隠せるし、背中の子供にも紐が引っかからない。数ヶ月間は昔ながらのおんぶ紐にエプロン姿で家事していました。料理も掃除も洗濯もはかどってストレスフリーでした。それに実家に遊びに帰るときは、これを持って行くと母が「懐かしいわ」といって次女をずっとおんぶしてくれていました^-^

おすすめです。

 

長女(3歳)は、ソフィアとドックに夢中。英語に切り替えて見ています。特に抵抗なさそう。実は英語育児も少しかじっているので、またそのうちブログに書きたいと思います。ただ、このあいだ卵のことを「タマァーゴー」と舌を巻きながら言ってきたので、自信を失っているところです。

大好きなソフィアの本でよく遊んでいます。この感性、大切にしたい。ジェームズと、後ろの青いラッパの人、なんか可哀想やわ。ラッパの勢いもなんかすごい。

f:id:beachinthewoods:20160912153623j:plain